ARIA ~素敵なひと時をご一緒しましょう~
秋の新作ARIA The ANIMATIONに関するブログです。 各話感想などを中心に、日々の生活などもまじえてゆったりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3話「その 透明な少女と・・・」 ~でっかいお世話です!~
これまた激遅ですが、第3話の感想など…

以下、ネタばれ注意!

脚本は前話に続き吉田女史。

冒頭、朝錬中の灯里、藍華。
そこに登場する第三の少女アリス。
予告から受けた印象に近いツンツン少女・・・と思いました、この時点では。
とりあえず、藍華の天敵になることは確定かな(笑)。

このシーンでは、藍華のオレンジプラネットを語るところで、ARIAカンパニーの売り上げを聞く灯里の期待にうるうる瞳がGood!
「んなわけねーだろ」と多くの視聴者が突っ込んできたことでしょう(笑)

その後、しばらくアリスの事が語られます。
根は意外といい娘。
将来的には、灯里、藍華、アリスが、三大妖精を継ぐのかな?

天才ゆえに置き忘れてきた笑顔に悩む少女アリス…
カレイドスターの「笑わない すごい 少女」を彷彿とする内容に思わずニヤリ、でした。
(もちろん、細かな内容は大きく異なりますが)

まあ、灯里って、天然系の強いそらって感じですからね~。
そう考えるとロゼッタポジションの女の子がいてもいいわけで(笑)。
それを言い出したら藍華はメイだし、アリシアさんは、おっとりしたレイラさんだし…とキリがなかったりするんですが(^_^;)

でもこれ、原作付きですよね 偶然の一致かなあ・・・不思議。

閑話休題。

灯里がお菓子を買って戻るところで、1話でちょこっと出てきたアカツキさん登場。
やっとメインキャラに近い野郎キャラが登場しましたな。
これまでは姫屋の一員レベルでしか出てなかったからなあ。
まあ、佐藤監督の作品なので、野郎の扱いがぞんざいなのは当然と言えば当然なのですが(爆)。

アカツキさんを教材に観光案内の練習を始める灯里と、ついていくアリス。

このアカツキさん、強引に「友達」にしてタダ乗りはするけど、サラマンダーに連れて行ってあげたり饅頭をおごったりと、結構いいヤツではありますな。

アリシアさんには、よこしまな(笑)思いがあるけど、灯里とは、本当に純粋なツレ感覚なのかも。

で、空中に浮かぶサラマンダーから眼下に広がるネオ・ベネチアの風景!
・・・なんですが、このシーンで、この美術のクオリティはないだろ~(涙)
滅茶苦茶綺麗なシーンを期待していたのになあ。
頑張れば、すっごくいいシーンになったのに、ちょっと残念。

感動して思わず「恥ずかしいセリフ」を言ってしまうアリス。
どんどん灯里の影響を受けていく姿が印象的でした。
次回からは、灯里をはさんで、さぞかし藍華といがみあってくれることでしょう。
で、仲を取り持とうとオロオロする灯里…なんてベタなシーンもちょっと見てみたい気分(^_^)。

ラスト、アイからの返信メール「風になれたら、空も飛べるかもね」は、スピッツの歌詞をイメージしたものかな?

今回も、前回、前々回同様新キャラ登場&水の惑星観光案内だったけど
やっぱり、こののんびりした感覚は良いです。
さすが未来系ヒーリングアニメ。実に癒されます(爆)。

予告によれば次週はちょいとハードな予感もありな雰囲気
できれば、のんびりしたノリは失って欲しくないなあと思ってみたり(^_^)。
スポンサーサイト

テーマ:ARIA -アリア- The ANIMATION - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ariatheanimation.blog28.fc2.com/tb.php/8-84dd82c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hoolly

Author:hoolly
アニメとか漫画とかゲームとか
阪神タイガースとかゴルフとか
競馬とかが節操なく好きな生物。

性別は野郎、仕事はゲーム屋。
(作る側です、一応(^_^;))

のんびりまったり
ひっそりと生息している
今日この頃です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。