ARIA ~素敵なひと時をご一緒しましょう~
秋の新作ARIA The ANIMATIONに関するブログです。 各話感想などを中心に、日々の生活などもまじえてゆったりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4話「その 届かない手紙は・・・」 ~わたしを、配達してください!~
今回は、ちょっと切ないお話でした。

以下、ネタばれ注意!

脚本、吉田女史。
基本的には彼女でいくって感じなのかな。
第1話は佐藤監督の脚本だったけど。

冒頭、夕暮れ時に練習する灯里たち三人組。
藍華とアリスも、仲良くいがみ合うって感じはないみたい。
ま、これはこれでいい感じですが(^_^;)

買い物に出た灯里。アリア社長に導かれて町の小路へ。
そこで出会う少女。託される手紙。
でも、そのあて先は、見つからない。

このあたり、セピア調の背景(美術)に音楽がマッチしていてすごく良かった。
作品全体的に、この二つがすごく頑張っている気がします。
あ、いや、作画が悪いってわけじゃないですよ(^_^)

でも、それだけに、この前のサラマンダーから見た景色はもうちょっと頑張ってくれても・・・ブツブツブツ
まあ、贅沢な望みなんでしょうけど。

練習中に再び少女と出会い、必ず届けると約束する灯里。
でも、疑問が解けたわけではなく、ARIAカンパニーでぼんやりと思いをめぐらします。
そこにアイスを持ったアリシアさん登場。
アイスを食べてキーン! となっている灯里たちがとてもいい感じ(^_^)。

夕方、手紙を託した郵便屋さんから、あて先は現在ないことを知らされる灯里。
昔はあったけど、ここからは随分遠いとの事。
落胆する灯里のところに登場するシルフのウッディさん。
で、彼のエアバイク(?)に目をつけた灯里が一言
「私を、配達してください!」

このあたりは、佐藤監督作品のヒロインだなって感じがします。
普段はどれだけのんびりのほほんとしていても、ここ一番では大胆行動、みたいな(笑)。

翌日、シルフの後ろにのせてもらって目的地へ向かう灯里。
出発する灯里にあれこれ心配する藍華が、また微笑ましい(^_^)。
アリスの「でっかい子ども扱いですね」も含めて、今回のマイツボなシーンでした。

やっとの思いでたどりついた目的地にあったのは水に沈んだ基地と数々のお墓。
仕事を終えてきたアリシアさんによって、この基地の因縁話が判明します。

宛名となっていたお墓にメッセージを聞かせる灯里。
届かなかった思いとなった悲しいメッセージ。
切ないけど、いいシーンでした。

今回は、アクアを水の惑星にするという、灯里の言う「奇跡」を起こすために犠牲となった人々を題材にとった物語でした。

「奇跡」は奇しの跡と書き、無跡(無い跡)ではない。
そこには種があり、跡(みち)を作った人がいるからこその奇跡、なのでしょうね。

なんか、すっごくいい話だったので、しんみりしながら見ていたのですが・・・
次回予告が、な、なんとビーチバレー!?(^_^;)。
う~む、いわゆる萌えアニメっぽくはなって欲しくないなあ(笑)。
まあ、ここまで見た限りは心配しなくても良さそうだけど。
スポンサーサイト

テーマ:ARIA -アリア- The ANIMATION - ジャンル:アニメ・コミック

ローン審査合格
不動産屋から東京三菱のローン審査に合格しましたよ、との通知。

申請から3日というスピード合格に、不動産屋も驚いていました。

そりゃ、この資金計画で通らないわけないっしょ、と、合格した途端、強気になる自分(笑)。

今のところは住友信託と東京三菱の一騎打ちという気分。
現状では、繰上げ手数料をとらない住友信託が、やや有利かなあ。

あんまり時間もないし、できるだけ早く決着をつけたいところ。

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

ローンだ! ローンだ!
さてさて、どこのローンにしようかなあ~、と迷う今日この頃。
住友不動産は東京三菱銀行を勧めてくるけど、会社でローンを組んだ人に聞くと「都銀はビミョ~だな~」と言うので、とりあえず検討してみる事に。

ネットで検索する限り、良さそうなのは住友信託銀行。
SBIホールディングスと提携する・・・ってことは、実際より企業(銀行)価値は高いって考えてもいいのかも。

あと、色々な人に聞いた結果評判がいいのが新生銀行。
なんといってもローン手数料(※1)0円、繰上げ手数料(※2)0円ってのが魅力。
ただ、審査は結構厳しいらしく「新生だけに申請が大変やでぇ」という親父ギャグを聞く羽目に(笑)

都銀で評判がいいのは東京三菱。
ただ、金利は信用金庫に負けてるからなあ。

ノンバンク系なら旧グッドローンのフラット35が超長期固定ではNo.1なのだけれど、フラット35は審査に時間がかかる上に団信(※3)が別途いるからなあ。

まあ、あまり悩む時間はないけれど、色々と考えてみようと思っています。

(※1)ローン手数料
   ローンを組むときに取られる手数料のこと。
   2000万円クラスなら30万~40万以上とられるのでバカにならない。
   金利に0.2%上乗せする事で、ローンに組み込む事も可能な場合が多い。

(※2)繰上げ手数料
   ローンで決めた時期や金額とは別にお金を返してしまうことを「繰上げ返済」といい、
   その時にかかる手数料のこと。
   金額は銀行によって色々だが、まとめて返すと結構バカにできない金額の場合もある。

(※3)団信
   「団体信用保険」の略。
   掛け捨てで、万が一、ローン債務者が死亡した場合、保険金でローンが完済となる保険。
   銀行でローンを組むと、大体は銀行が保険金を負担してくれるが、
   住宅金融公庫(フラット35な)は保険料自分もちで入る必要がある。
   最初の頃は年5~6万くらいするので、結構痛いらしい。

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

4連敗で日本シリーズ終了
阪神ファンにとっては正に悪夢の日本シリーズでした。
1勝もできないとは思いもしなかったよ。残念。
悔しい気持ちも勿論あるけど、むしろ寂しい気持ちの方が強いかな。
ファンの我々より選手たちの方が何十倍、何百倍も悔しいはずだし。
来シーズンにヘンな影響が出なきゃいいけど。

何がともあれ、1年間お疲れ様。
最後は辛かったけど、トータルでは嬉しい事が多いシーズンでした。
また、来年、いい夢が見れることを楽しみにしてます。

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

家、購入!
早っ!
家を見に行ってから、2週間しかたっていないよ。

でも、相手はこちらの希望額にかなり近いところでOKしてきたので善は急げって事で今日、購入手続きをしました。
仲介は住友不動産でした。

以下、購入当日の手続きなど・・・

両親と訪れると、まず、重要事項や契約書の読み合わせ。
住友不動産の担当者さんが、重要事項や契約書を読んで細かなところを解説してくれました。
かなり親切丁寧にやってくれたので好感度大。
父親は「実家を買った業者は、こんなに親切にやってくれなかった」と驚くことしきり。
次に、重要事項を聞きましたよ、という書類にサイン。
続いて契約書にサイン。
手付け金と手数料を渡し、領収書をもらって契約終了。
最後に自分のローン申請書を書いて、手続きは完了でした。
もっとも実印の印鑑証明が間に合わなかったので、翌日届ける事になったのですが。

順調に行けば、12月20日までに引渡し等が完了するはずだけど、さてさて、どうなることやら。

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

奈良ロイヤルゴルフクラブ
奈良ロイヤルゴルフクラブでラウンド。
「名門だ」と言う父の言葉どおり、とてもいいコースでした。
最初は、ほとんどプレイング4がない事にビビっていましたが、コースの横幅が広く、簡単にはOBにならない安心なコース設計でした。
問題は、天候かなあ(^_^;)。
いや、途中何度か雨に降られたもので。
晴れた時なら、もっと楽しめたのでしょうが。

でも、良いコースだけに値段もお高目・・・プレイのみで14800円は、ちょいと痛かったです。
バブル期に比べれば、これでも全然マシらしいのですが。

スコアは118。
決して良いとはいえないですが、雨だし、まあ、仕方がないかな。
と、自分で自分に言い訳してみたり(笑)。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

第3話「その 透明な少女と・・・」 ~でっかいお世話です!~
これまた激遅ですが、第3話の感想など…

以下、ネタばれ注意!

脚本は前話に続き吉田女史。

冒頭、朝錬中の灯里、藍華。
そこに登場する第三の少女アリス。
予告から受けた印象に近いツンツン少女・・・と思いました、この時点では。
とりあえず、藍華の天敵になることは確定かな(笑)。

このシーンでは、藍華のオレンジプラネットを語るところで、ARIAカンパニーの売り上げを聞く灯里の期待にうるうる瞳がGood!
「んなわけねーだろ」と多くの視聴者が突っ込んできたことでしょう(笑)

その後、しばらくアリスの事が語られます。
根は意外といい娘。
将来的には、灯里、藍華、アリスが、三大妖精を継ぐのかな?

天才ゆえに置き忘れてきた笑顔に悩む少女アリス…
カレイドスターの「笑わない すごい 少女」を彷彿とする内容に思わずニヤリ、でした。
(もちろん、細かな内容は大きく異なりますが)

まあ、灯里って、天然系の強いそらって感じですからね~。
そう考えるとロゼッタポジションの女の子がいてもいいわけで(笑)。
それを言い出したら藍華はメイだし、アリシアさんは、おっとりしたレイラさんだし…とキリがなかったりするんですが(^_^;)

でもこれ、原作付きですよね 偶然の一致かなあ・・・不思議。

閑話休題。

灯里がお菓子を買って戻るところで、1話でちょこっと出てきたアカツキさん登場。
やっとメインキャラに近い野郎キャラが登場しましたな。
これまでは姫屋の一員レベルでしか出てなかったからなあ。
まあ、佐藤監督の作品なので、野郎の扱いがぞんざいなのは当然と言えば当然なのですが(爆)。

アカツキさんを教材に観光案内の練習を始める灯里と、ついていくアリス。

このアカツキさん、強引に「友達」にしてタダ乗りはするけど、サラマンダーに連れて行ってあげたり饅頭をおごったりと、結構いいヤツではありますな。

アリシアさんには、よこしまな(笑)思いがあるけど、灯里とは、本当に純粋なツレ感覚なのかも。

で、空中に浮かぶサラマンダーから眼下に広がるネオ・ベネチアの風景!
・・・なんですが、このシーンで、この美術のクオリティはないだろ~(涙)
滅茶苦茶綺麗なシーンを期待していたのになあ。
頑張れば、すっごくいいシーンになったのに、ちょっと残念。

感動して思わず「恥ずかしいセリフ」を言ってしまうアリス。
どんどん灯里の影響を受けていく姿が印象的でした。
次回からは、灯里をはさんで、さぞかし藍華といがみあってくれることでしょう。
で、仲を取り持とうとオロオロする灯里…なんてベタなシーンもちょっと見てみたい気分(^_^)。

ラスト、アイからの返信メール「風になれたら、空も飛べるかもね」は、スピッツの歌詞をイメージしたものかな?

今回も、前回、前々回同様新キャラ登場&水の惑星観光案内だったけど
やっぱり、こののんびりした感覚は良いです。
さすが未来系ヒーリングアニメ。実に癒されます(爆)。

予告によれば次週はちょいとハードな予感もありな雰囲気
できれば、のんびりしたノリは失って欲しくないなあと思ってみたり(^_^)。

テーマ:ARIA -アリア- The ANIMATION - ジャンル:アニメ・コミック

第2話「その 特別な日に・・・」 ~あらあら禁止! ウフフも禁止!!~
え~、かなり遅くなりましたが、第2話の感想です。

以下、ネタばれ注意!

脚本は、自分的にはカレイドスターでおなじみとなった(笑)吉田女史。
安心して見れました。

冒頭、初体験のアクアアルタに驚く灯里。
あれ? でも、「もうすぐ二度目の夏」って事は、季節的には一度体験しているんじゃないの?
去年の夏に来たから、アクアアルタの時期にはいなかったってことでしょうか。
設定的には、日本の梅雨って感じかな。

アリア社長の餌を買いに行って迷う灯里。藍華の家の前にたどりついてしまいます。
そのまま姫屋におじゃまし、そこでニューキャラクター晃登場。
アリシアさんと対をなすキャラのようですね。
ここ何話かは重要キャラ登場エピソードって感じかも。

晃に反発して飛び出す藍華。ARIAカンパニーにお泊りすることに。
晃の悪口を言う藍華を小悪魔スマイル(晃談(笑))でやんわり諭すアリシアさん。
この人は、問題点を指摘すると言うより、相手に悟らせるよう仕向けるタイプかな。
その夜、アリシアへの憧れを語る藍華。

翌日、藍華を引き取りに来る晃。
ここで描かれるアリシアさんとの因縁話。これはかなり面白かった(^_^)。

なんだかんだあって、結局灯里と藍華がレースをすることに。
アクアアルタに藍華と晃の関係をからませて説明するあたりは上手いなあと思いました。

最後、お茶をする四人。
仲良くいがみあう藍華と晃をうらやむ灯里。
そういえば、灯里とアリシアさんの出会いってどんなだったんだろう?
まあ、おいおい描かれていくのでしょうが気になるところではあります。

テーマ:ARIA -アリア- The ANIMATION - ジャンル:アニメ・コミック

家探し
今日、両親と一緒に売りに出ている中古物件を数箇所見て回りました。

で、うち一箇所が、なかなか良い物件だったので、こちらの条件が通るならという前提条件の下に買ってしまおうということに。

基本は自分の家なので、私が大半をローンで組み、足らないところは共同名義にしてパパママローン(^_^;)

火急速やかに持ち家が欲しいことはないけど(別に結婚するわけでもないし)、金利が安く不動産も安い今のうちにゲットしておこうということで。

しかし・・・う~ん、ついに自分もローン持ちかあ(T.T)。
という以前にローンをもてるのか、自分?

まあ、勤続年数やら年収やらはクリアしているので大丈夫だとは思いますが。

不思議な事に、この家を買おうって話、家を持とうとする自分以上に両親が、かなりの乗り気です、特に母親が(^_^)。

両親にしてみれば、近くに住んでくれるのなら多少出資してもって事なんでしょう。

さすがに家を買ってしまえばフラフラもしてられなくなります。
それはそれで、覚悟ができていいのかも。
でも、家のために生きるのはヤだなあ。
もちろん、そこまでのローンを組むつもりはないのですが。

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

樟葉パブリック
昨日、樟葉パブリックでラウンド。
少し雨にたたられたけど、プレイに支障をきたすほどではありませんでした。

初めてだったので段取りが全く分からず、結局着替えも出来ずにスタート時間。

スタート時間を遅らせられないかと尋ねても後ろがつまっていると言われ、靴だけはきかえて普段着のままプレイ突入!
ロクに準備体操する時間もありませんでした(T.T)

で、この樟葉パブリックですが、河川敷のコースなので、地形の凹凸はほとんどありません。
したがって、よっぽど打ち込まねばOBにもならないし、フェアウェイも広い。
料金も、友人が持っていた割引券を使用したおかげで土曜日なのに1ラウンド9000円也
練習には最適のコースかも、と思いました。

難を言えば、次のホールの位置が分かりにくい事かな。
11番ホールの後、17番ホールに行きかけちゃったよ(笑)。

それから、カップの旗が見えにくい。
でも、これは曇り空に溶け込んでいたからだけなのかも。

あと、郊外にある、いわゆるゴルフコースのようなリッチな雰囲気を求めるなら敬遠した方が良いと思います。
純粋にゴルフをプレイする以外の設備は、そういうところから程遠いものだったので。

スコアは105.今の私のレベルで見れば上々…かな?
でも河川敷のコースだからなあ。
良いスコアが出るのは当たり前。
むしろ2桁でフィニッシュできなかった事を反省しないと(^_^;)。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

第1話「その 素敵な奇跡を…」
始まりました、ARIA the animation!

でもまあ、放映されたのは水曜深夜(正確には木曜深夜)なので、このブログ自体2日遅れなのだけど。

自分的に、この秋一番期待しているアニメなので、ゆっくりまったり見ていきたいなあ、と思っています。

といっても、原作を読んだことはありません。いや、実は原作があること自体を知らなかった(汗)。

でも、佐藤順一監督の作品だし、期待大です。


さて、前置きはこれくらいにしておいて、第1話の感想。

作品全体にただようゆったりとした雰囲気。
大きな事件もなく、緩やかに流れる時間。
美しいネオ・ヴェネチアの景観を随所にちりばめながら、そこで出会う少女たちの心の交流を描く…

いや~、いいんじゃないですか~。
今時とは少し違った感じのアニメかもしれませんが、かなりいいなあって思ってしまいました。

「奥深いテーマ」とか「意味深なセリフ」とか「驚天動地な展開」とかも悪くないけど、こういうゆったりと見せるアニメがあってくれると、なんかホッとします。

キャラ的にも、どこかカレイドスターの登場人物たちを彷彿とさせ、個人的には嬉しい限りでした。
でも、これって原作つきなのになあ。偶然かなあ…。

とりあえず来週も見ようと思ったので、第1話としては自分的に全く問題なしです
(第1話の最大の使命は、視聴者に2話以降も見ようと思わせる事だと思いますので…)

しかし、佐藤順一って監督さんは、ホントに野郎はどうでもいいんだなあと、つくづく感じたりもしました(笑)

テーマ:ARIA -アリア- The ANIMATION - ジャンル:アニメ・コミック



プロフィール

hoolly

Author:hoolly
アニメとか漫画とかゲームとか
阪神タイガースとかゴルフとか
競馬とかが節操なく好きな生物。

性別は野郎、仕事はゲーム屋。
(作る側です、一応(^_^;))

のんびりまったり
ひっそりと生息している
今日この頃です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。