ARIA ~素敵なひと時をご一緒しましょう~
秋の新作ARIA The ANIMATIONに関するブログです。 各話感想などを中心に、日々の生活などもまじえてゆったりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K1GP決勝戦観戦記
本日、K1決勝を観戦。
以下、その観戦記です。
(テレビなので、カットされていたところもあり、不完全ですが)


以下、ネタばれ注意!!


--------------------------------------------------------------------------

1回戦:レミー・ボンヤスキーvsチェ・ホンマン

 【判定】 レミーの勝利

デカい奴にはローキック。
この基本中の基本を徹底的に繰り返すとどうなるか、
それをレミーが実践して見せた戦いでした。

KOこそなかったけど、内容はレミーの完勝と言っていいでしょう。

チェ・ホンマンもあれだけローを食らって倒れなかったのは立派。

最初の頃のサップのように、巨体とパワーを生かして猪突猛進したほうが良かったかもね。

テクニックを持っている事が、少し裏目に出た気がします。

ただ、あと1Rやっていたら、完璧なKO劇が見れたかも。
あとは仕上げだけって感じだったからなあ。

レミーの技術が際立った一戦でした。

--------------------------------------------------------------------------

1回戦:ジェロム・レ・バンナvsピーター・アーツ

 【判定-延長戦】 アーツの勝利

前の試合が売り出し中の二人とすれば、こちらは常連の対戦。
でも、直接対決は過去3回しかないとか。ちょっとビックリ。

2人とも動きがとても良く、すばらしい戦いに。

特にアーツ、こんなに動きがいいのは何年ぶり?
全盛期に見せたムチのようにしなるキックも、かなり戻ってきていたし。

中盤はバンナが押していたけど、最後にアーツが盛り返し、延長へ。
最後は優勢なままアーツが押し切り、判定勝ち。

これぞK1という試合でした。

--------------------------------------------------------------------------

1回戦:武蔵vsカラエフ

 【判定-延長戦】 武蔵の勝利

1Rからバッティング1回にスリップ2回。
前の試合とは一転、いきなりの荒れ模様。

序盤、スピードに任せて攻め込むカラエフ。
それを、うまくいなした武蔵が、相手の疲れをさそって確実に反撃。
ただ、最後にまとめてカラエフも再反撃。これも延長戦にもつれこみます。

延長は、前半カラエフ、後半武蔵、最後は激しく打ち合って終了。
判定の結果、武蔵の勝利になりました。

結果として、効果的にローを当てて相手の動きを封じたことなど
武蔵に一日の長があったというところでしょうか。

カラエフは、この先が楽しみ。
ただ、慣れると小さくまとまっちゃう場合もあるからなあ。

いい試合ではあったのですが、
よく言えばスピーディ、悪く言えば雑な一面もありました。

--------------------------------------------------------------------------

1回戦:セーム・シュルトvsレイ・セフォー

 【判定】 シュルトの勝利

放映は2Rから。

いきなりセフォーがアップアップ。
1Rでかなりやられた模様。
実況も言っていたけど、こんなセフォーも珍しい。

シュルトは、巨体を効果的に使っているという感じでした。
動きも早いし、リーチもあるし。

まあ、途中からなので判断しきれないところはありますが
あのセフォーがあれだけグロッキーになったんだから強い…のかな?

---------------------------------------------------------------------------

準決勝:レミー・ボンヤスキーvsセーム・シュルト

 【1RKO】 シュルトの勝利

またデカいやつと対戦のボンヤスキー。
大変だけど、なんとかするでしょう。
…と思いきや、序盤から一方的なシュルトのペース。防戦一方のレミー。
あれあれあれという間に1Rで2度のダウンを奪われKO負け。

ちょっと待ってよ。メチャクチャ強いじゃん、シュルト。
というか、こんなに試合をさせてもらえないレミーは始めて見た。

ちょっとびっくりな試合でした。

--------------------------------------------------------------------------

準決勝:グラウベ・フェイトーザvs武蔵

 【2RKO】 グラウベの勝利

アーツが、バンナとの一戦でアバラが三本折れて棄権。
そこでリザーブマッチを勝ち抜いたグラウベとの対決になりました。
このままアーツの完全復活が見たかっただけに残念。

極真vs正道会館。どちらも負けられない一戦というところ。
序盤静かな立ち上がりでしたが、1R終了間際に武蔵がダウンを奪われます。
スリップを主張する武蔵。でも、あの倒れ方ではダウンをとられても仕方ないよ。

2R、取りかえそうと頑張りかけたところにラッシュを受け、
ロープを背にしたところで飛んできた膝蹴りに武蔵が屈し、グラウベの勝利。

コンディションの問題もあったでしょうが、試合内容でもグラウベが優勢。
武蔵は、コーナーに追い詰めた時に攻められなかったところを付け込まれた感じ。
あそこでラッシュにいければ勝機はあったかもね。

ただ、グラウベのファイトでシュルトに勝てるかなあ。
あのレミーが手も足も出なかったもんな。

--------------------------------------------------------------------------

決勝:グラウベ・フェイトーザvsセーム・シュルト

 【1RKO】 シュルトの勝利

再び極真vs正道会館。
勝負はあっという間に決まりました。
開始45秒。文字通り秒殺。あっという間のKO劇。

強え~! メチャクチャ強え~!!
全然底を見せないまま終わっちゃったよ。

セフォー、レミー、グラウベといった猛者が全く試合をさせてもらえなかった。

しばらくはシュルトの時代が続きそうな感じですな。

--------------------------------------------------------------------------

全体を見終わって…

新たなる時代の到来、と言うには、あまりに強烈なシュルトの強さでした。
勝てる、というより、互角に試合ができる選手がいるのかな。

個人的なベストバウトは、アーツvsバンナ。

KOとか派手なものはなかったけど、相手の手の内を知り尽くしたもの同士の
すばらしいファイトでした。

バンナもアーツも、久しぶりに元気一杯だったので、
それだけでも結構満足(^_^)

スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

第7話「その 素敵なお仕事を…」 ~ゴンドラ、通りまーす~
ウィンディーネは、ゴンドラが漕げて愛想が良ければなれるのか。
今回は、灯里たち見習い三人組によるウィンディーネ訓練の物語。
プロフェッショナルへの道は厳しく険しい…のかも。


以下、ネタばれ注意!!

冒頭、練習の集合に遅れ、晃姐さんに叱られる灯里。
なんにもない事を楽しめる灯里にとって、集合場所への道のりは
さぞかし新たなる発見と喜びに満ちたものだった事でしょう(^_^)。

お客さんとの合流地点へと着く晃のゴンドラ。
乗り込んだ男女連れは、共にいる灯里たち三人組&三匹の社長に驚きながらも、
同乗を許すことにします。

男性の持つガイドブックによれば、晃姐さんは女性客にも大人気とか。
というか、女性客に人気があるんじゃないの?

観光案内に、晃流の茶目っ気をアレンジ。
晃姐さんの必殺「客いじり」でバラをくわえてしまったお兄さんが
ちょっとムッとしてしまいます。

おいおいお兄さん、こんなにおいしい所をもらってムッとしちゃうの?
自分だったら大喜びだけどなあ。他のゴンドラの観光客にもうけてるし。

ガイドによらず、自分の目で見ればいかがです? とくる晃に
余計なお世話だ、と返しガイドを川に落としてしまうお兄さん。

晃の言う事は正しいと思うけど、
ひょいと客のガイドブックを取り上げてしまうのは、
ウィンディーネとして大丈夫?
それが晃流のやり方で、そこがまた良いのでしょうが。

機嫌を悪くしてしまうお兄さん。意に介さない晃姐さん。
この様子だと、よくあるんだろうな、こういう事。
さりげない優しさを持つというお兄さんの話を聞いて、
隠れた名所に案内し、きっちりフォロー。

詫びるでもなく、媚びるでもなく、最後は客の満足を勝ち取る。
この辺りが、晃の三大妖精たる所以の一つなのかも。

そういえば、第1話の時、アリシアさんも、
ゴンドラで喧嘩をし始めた新婚さんの話をしていたっけ。

ハプニングをうまく収め、まとめてこそ一人前ってことなのでしょうか。

無事(でもないけど)、目的地に到着して一件落着…と思いきや
お客たちが午後のウィンディーネ訓練に付き合うことに。

しかし、お客のお兄さん、いい人なんだけど、ちょいと情けない感じがしますな。
結局、奥さんや晃姐さんにふりまわされちゃっているし。
まあ、佐藤監督作品の野郎に甲斐性を求める方が間違っているんでしょうが(笑)

午後、訓練で鬼コーチモードに突入する晃姐さん。
戸惑うお客。そりゃ営業モードとは違いますよ。

訓練中、真剣ながら結局はマイペースな灯里。
調子に乗ると行き過ぎる藍華。
オール裁きはいいがコミュニケーションに苦労するアリス。
三者三様。性格が出ていて良さげでした。

途中、アリシアさんと合流。お茶になります。
思わずアリシアさんに見とれるお兄さん。
突っ込む晃姐さん。細かいところを見てるなあ。
お兄さん、ホントのところはアリシアさんのゴンドラに乗りたかったのかもね。

最後に水上実習のメインディッシュ、満潮時に目的地を目指す三人組。
当然(?)、失敗の連続となります。
しかし手助けをしない&手出しをさせない晃姐さん。
「プリマになったら誰も助けてはくれない。自分のミスは自分でフォローするんだ」
正論。ホント正論。怖いくらいに。

最後は、三人で知恵を絞りあい、力を出し合い、なんとか道をみつけます。
暗い中、カンテラを頼りに進んでいる場所から、夕日に映える水面に出るシーンは、かなりの出来栄えでした。

喜ぶ三人。藍華の涙もろさが垣間見えます。
それを見守る晃姐さん。口元がへの字から笑みに変わり、直後に「すわっ」。
いや~、いい先輩だよ、本当に。

最後、灯里たちのピザをご馳走する晃姐さん。
叱られると思っていた三人に一言、
「本気で頑張って反省している人を叱っても、無意味っしょ」

困難な状況でも、あきらめずにやりとおし、その上で失敗を反省する…
晃姐さんにとっては、着実に前を向いて歩いていく三人の姿が嬉しかったのかも。

人を叱るのは、人を褒めるよりも難しい。

単なる感情的なものでないのなら、叱られて喜ぶ人がいない以上、
それは相手の反感を覚悟の上で行う事だから。

晃姐さんが、どれだけ真剣に三人へ向き合っているのか。
それを、改めて感じさせてくれたところで、今回の話は幕を閉じます。


脚本、吉田女史。

随所にアクアの美しい景観、ネオアドリア海や水路の水面を散りばめられ
その背景(美術)で十分以上に癒されてはいるのですが、
物語の内容自体は「癒し」とは少し違うかも、と思いました。
(良し悪しとは別問題で)

次回は、趣向を変えて二本立て。
予告を見る限り閑話休題な感じですが、そこがまた楽しみです。

テーマ:ARIA -アリア- The ANIMATION - ジャンル:アニメ・コミック

海南CC
土日泊りがけで海南CCに。
昨日は生石コース、今日は鏡池コース。

生石コースがアップダウンが激しく、特徴のあるコースが多く、
鏡池コースはとにかく長い(パー74)のでタフな感じがしました。
・・・って偉そうに感想がいえるほど上手くはないのですが。

プレイしがいはありましたが、あまり初心者向けではないかもしれません。

単純に距離があるというだけでも大変だし、
ミスショットで飛びそうなところに池や谷があったり、
打ち上げ打ち下ろしが結構厳しかったりするので。

ただ、その分、腕をみがくにはいいと思います。

昨日もちょっと不調だったけど、今日はとにかくひどかったです。
全然アイアンの時にボールが見えていない感じでした。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

第6話「その 守りたいものに…」 ~左手はそれほど、ヘタレじゃないかもよ~
左手は、ただの役立たずなのか、でっかいやつなのか。
今回はアテナさん登場の物語。
一所懸命な灯里を、深い懐とやわらかい眼差しで見守るアリシアさん。
この弟子にしてこの師匠あり、な、似たものコンビの藍華と晃姐さん。
それとはちょっぴり違うアリスとアテナさんの二人、でした。

以下、ネタばれ注意!!

冒頭、アリスと二人で練習する灯里。
そこに通りかかるアテナさん。
きれいな歌声に感激する灯里。
対して不機嫌になるアリス。

あれ、アリスってアテナさんの事嫌いなのかな?
と思いきや、左手のへたれっぷりに腹が立つと話し出すアリス。
「左手おしおきキャンペーン」と言い、つねりあげます。

アリアって、こういう痛いシーンはないのかと思っていたので
予想以上に、つねった手が痛々しく感じました。
ゆえに、そこを懸命に舐めるアリア社長がとっても健気(^_^)

アリスが猫を飼っているというので、オレンジぷらねっとを訪れる灯里。
左手キャンペーンにより左手で部屋の扉を開けるアリス。
見守る灯里が慈愛に満ちたお姉さんの眼差しが、ちょっと新鮮。
灯里って、いつもは見守られる側なので、こういった表情は結構貴重かも。

クローゼットから登場するまあくん。
う~む、猫と言うよりパンダって感じですが、なかなか愛らしい・・・
と思いきやアリア社長のお腹にかじりついているし(^_^;)

う~ん、今回は痛みを感じるシーンが多いなあ。

で、このシーンなんですが
「藍華先輩がいれば相談したんですけど、生憎社員旅行中なので、それで灯里先輩に」
というセリフが、個人的にちょっとひっかかりました。

3話の展開では、アリスは灯里の笑顔にひかれて一緒にいるようになった感じだったのに、
これじゃ灯里は藍華のおまけのように聞こえます。

灯里は相談するって点では頼りないって事なのかなあ。

作画も結構厳しくなってきたぞ。大丈夫かなあ・・・

う~、気になりだしたら次々と気になってしまう(^_^;)

という私の心配をよそにアテナさん登場。
登場するなりボーッとしたドジっ娘ぶりを発揮しています。

食堂にむかうアリスと灯里。
席にはいつの間にか用意されている水。
アリスがケチャップを探す間にさりげなく用意するアテナさん。

食事中、アテナさんの問題点を次々と列挙するアリス。
完璧主義な天才少女アリスには、アテナさんの至らない点が気に入らないんでしょうね。
でも、自分の左手と比較するのは失礼だよ、灯里の言うように。
それでも全然気にしていないアテナさん、そしてアリス。
二人の独特の関係に戸惑う灯里。

部屋に戻り、アテナが風呂に入っている間に、なぜペット禁止なのにまあくんを飼うのか尋ねる灯里。
先日、オレンジぷらねっとの社長が他界して面影を重ねると答えるアリス。

夜、寝るときも左手おしおきキャンペーンを続けるアリス。
しかし、一人じゃんけんで勝ってしまったからどつくって…やっぱり痛々しいなあ。
さすっているアリア社長が、また健気(^_^)。

夜中、鳴き出すまあくん。
窓の外を見て歌いだすアテナさん。
こりゃどう見てもバレてるよ(笑)。
というか、これでバレていないと思うアリスがちょっと間抜けに見えるかも(汗)。
さすがに気づく灯里「左手はそれほど、ヘタレじゃないかもよ」
会心の笑みを浮かべて眠る灯里。ようやくいつものペースを取り戻したって感じかな。

学校で授業を受けるアリス。
左手のヘタレじゃなさ、何気に支えてくれる姿に気づきます。
思い出すアテナとの初対面のとき…って、やっぱりアテナさんは左手あつかい?

学校から帰ってくるアリス。
まあくんがいなくなっていることに気づき、焦ります。

途中、ゴンドラの練習をしていた灯里と合流し、街中をさがします。
その途中、灯里にさとされて、アテナさんが気づいていたことを知るアリス。
自分の至らなさ、なさけなさにめり込み、涙するアリス。
そこにアテナさんの歌声に誘われ、まあくん登場。
アテナの歌声にのって、アリスの胸に戻ってくるまあくん。

これまでのアテナのさりげないやさしさに気づくアリス。
そんなアリスにアテナは優しく微笑みます。
「歌は、誰かに聞いてもらうものだから」

結局、オレンジぷらねっとの新しい社長におさまるまあくん。
左手の「でっかさ」に気づくアリス。
しかし、これから「左手さんありがとうキャンペーンを始める」ってのは極端な・・・(笑)

ラスト、灯里や藍華と一緒に、アテナをのせたゴンドラを漕ぐアリスの姿で今回の話は幕を閉じます…ってエンディングの歌詞変わってる(^_^)。


脚本、吉田女史。
悪かったわけではないのですが、
物語の完成度が、前2話と比べて正直落ちた気がしました。
(この話が好きな方、お気を悪くされたらごめんなさい。)

全体を見終えたとき、この話がアリスの言う「左手」の役割を果たすのかも、とちょっと思ってもみたり(^_^;)。

テーマ:ARIA -アリア- The ANIMATION - ジャンル:アニメ・コミック

奈良パブリック(ハーフ)
今日は、奈良パブリックのハーフ(INのみ)。

あいも変わらず激しすぎるアップダウン。
ドライバーの着地点がえげつなく狭くなっているコース。
なぜか、ところどころに土が見えているグリーン。

・・・うーん、これぞ奈良パブ(笑)

失礼な言い方をさせてもらうと「安かろう悪かろう」なところなので
この路線はつらぬいていってほしいところです。

ハーフなのに60。
スコアが激悪でしたが、天気が良かったので結構楽しめました。

来週は、ゴルフ仲間と海南へ1泊2日のゴルフツアー。
楽しみでもあり不安でもあり。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ



プロフィール

hoolly

Author:hoolly
アニメとか漫画とかゲームとか
阪神タイガースとかゴルフとか
競馬とかが節操なく好きな生物。

性別は野郎、仕事はゲーム屋。
(作る側です、一応(^_^;))

のんびりまったり
ひっそりと生息している
今日この頃です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。